乾燥肌の克服は美容液で現実のモノに|美肌に近づく

女の人

石鹸の効果と使い方

石けん

皮脂を残して洗える

洗顔石鹸は自然成分だけで出来ているものが多く、普通肌・乾燥肌・脂性肌など肌質問わず使用できる洗顔料です。洗顔の目的は顔についた汚れや毛穴に詰まった皮脂を取ることです。しかし、一般的な洗顔フォームなどは、皮脂を必要以上に落としすぎてしまいます。そうすると肌を守ろうとして皮脂がますます分泌され、べたつきがひどくなる原因になります。洗顔石鹸は合成界面活性剤を配合しておらず、脱脂力も弱めです。よく泡立ててから顔を洗うと肌を傷めず、優しく汚れを落とすことができます。洗顔フォームはぬるま湯でしっかり洗い流さないと洗浄成分が取れないことがあります。しかし、洗顔石鹸なら水だけでするっと落ちて、洗い上がりがさっぱりします。

正しい使い方のポイント

いくら肌に優しい洗顔石鹸を使っていても、一歩使い方を間違えると肌ダメージに繋がることがあります。洗顔石鹸を使用する前に、両手をよく洗って手のひらを清潔にします。手が汚れていると泡立ちが悪くなるからです。泡立てネットを使用すれば、簡単にきめ細かい泡が作れます。泡を顔に乗せる前に、水やぬるま湯だけで顔を濡らしておきます。そしておでこや鼻などのTゾーンから洗い、次に頬や顎などのUゾーンを洗います。泡を肌に乗せて、指先でくるくると滑らすように洗うと肌が喜びます。洗ったあとは水かぬるま湯でしっかりすすぎます。顎の下やこめかみなどはすすぎ忘れしがちなゾーンです。ベタつきが完全になくなったら、清潔なタオルで水分を押さえるようにして拭いて完了です。